ヒプノセラピーや催眠療法についてよくある質問をまとめました

ヒプノセラピー・催眠療法についてよくある質問

セッションについてよくある質問

画像の説明

ヒプノセラピー(催眠療法)とは何ですか? どんな事をするのですか?

画像の説明

催眠療法の「催眠」という言葉から、催眠術によるショーや暗示によるマインドコントロール?または、前世や過去世を覗いて性格や言動を言い当てる予言や占いの一種…?などをイメージする方も多いのではないでしょうか。しかしながら、実際のヒプノセラピー(催眠療法)は、そのようなイメージとは全く異なるものです。

ヒプノセラピー(催眠療法)とは、ユングやフロイトの提唱した深層心理学を根源とし、催眠状態を利用して潜在意識に働きかけ、心理的な問題(=悩み)や心因的な症状を改善する心理療法です。ヒプノセラピーの先進国である米国では、1950年代に「療法」として医師会によって正式に承認されており、その効果は様々な分野で実証されています。

ドイツコンスタンツ大学のヴァルター・ヴォンガルツ教授の談によれば、ドイツでは「前世療法」は精神療法のカリキュラムとして保険対象にもなっているとのことです。(被験者自身のイメージを癒しのリソースとして認知することができれば、「オカルト」ではなく精神医学のメソットの一つとして認めざるを得ないのではないでしょうか。)

近年、日本の心理医療の分野においても、「応用範囲が広く即効性のある療法」として注目されています。HPSにおいても「ヒプノセラピー = 療法であり、医療に根ざしたものであるべきである」というよしだひろこのポリシーのもと、セッションをおこなっております。

ヒプノセラピーの具体的なメリットとして

・薬物のような副作用がないため患者への負担が少ないこと。
・症状や体調、アレルギー等の体質的問題に左右されにくいこと。
・年齢や体力等の条件に左右されずに一定のケアが可能なこと。
・快復状況・目的などに応じて臨機応変に方法が変更できること。

などが挙げられています。

※前世や未来世を体験しても、心霊的・宗教的な行いを強要するようなことはありません。また、オカルト的な効果はありません。

画像の説明

催眠術で知らないうちに操られたりするのですか?

画像の説明

催眠状態で意識をなくしたり、不本意な暗示をかけられたり、意識を操られたりするのではないかという恐怖感を持っている方もいらっしゃるかと思いますが、実際のヒプノセラピーでは催眠状態に入っても意識はきちんとあります。

自分が話したり聞いたりしているのを理解できますし、催眠終了後でも内容はほとんど覚えています。ですから本人の望まない行動に導いたり、記憶を消したり、恐怖心を与えるようなマイナスイメージを植え付けるようなことは全くありません。

ヒプノセラピーではあくまで「本人の意識(潜在意識)」が主体となります。クライエントとの十分な「信頼関係(=ラポール)」のもとに、セラピストは意識の「支配者」ではなく、プラス方向に導く「道先ガイド」的な役割を担います。

催眠状態を利用して、本人が望まない方向に勝手に導いたりすることは決してありませんのでご安心ください。また催眠中の会話内容や画像につきましては録音録画はできませんが催眠中の会話内容ついてはこちらでICレコーダで録音しCD-Rに焼き付けプレゼントさせていただきます。

画像の説明

ちゃんと催眠にかかれますか?以前、他所でセラピーを受けたが効果がなかった。催眠にかからない体質と言われました。

画像の説明

ヒプノセラピーの効果は、クライアントの体質ではなく、実はセラピストの力量により左右されるところが大きいのです。HPSでは、プロとして確かな技術と豊富な経験を持ったセラピストが対応致します。

セラピストにとって一番大事なのは「知識」ではなく「経験」です。また、セラピーに一番必要なことは、クライエントとの十分な「信頼関係 (=ラポール)」なのですが、十分なラポールが築けないことも、セラピストの経験不足・力不足によるものであることは否めません。

HPSの過去の臨床経験においては「改善した・効果があった」と感じた方が80%以上、「何らかの違いがあった」と感じた方も含めると95%以上に及びます。

※催眠に入れるかについて強く不安がある方は代表セラピストをお勧めします。

画像の説明

行けなくなった場合、キャンセル料はかかるのでしょうか?

画像の説明

ご予約いただいた日時に来院できなくなった場合は、出来るだけ早くHPSまでご連絡ください。

セッション日時にセラピストのスケジュールを確保するというサービスの性質上、セッション当日の5日前以降にキャンセルする場合は、原則的にキャンセル料を頂いております。やむを得ない理由によりキャンセルされたい場合は、ご相談頂ければ対応致します。

また、複数回の特別コースをお申込みの場合も、トラブルを避けるためコース料金のお支払いは前金制となっており、コース開始前あるいはコース初回時にお支払いいただくことになっております。

予約日に来院できなくなった場合、ご連絡をいただければ別の日に振り替えることが可能です。その分の費用が無駄になることはありませんのでご安心ください。

ただし、コース途中で解約された場合、残りの回数分の代金の払い戻しには応じられませんので予めご了承ください。ご不明な点がございましたらお気軽にスタッフまでお問い合わせください。

画像の説明

学力を向上させるセラピーがあるって本当?催眠で成績が上げられるのですか?

画像の説明

催眠における学力向上のためのセラピーと聞くと、睡眠学習法の様なもの、或いは自己啓発の様なものを想像される方もいらっしゃるようですが、実際には異なります。

学力というのは、受験やテスト向けの問題をいかに器用にこなせるかという「方法論=コツ」であり、早い、遅いの個人差はあるとはいえ経験により身に付けるものであり、本人の努力に関るところが大きいものです。

ただし、「努力しているのに結果が出ない」「英語は得意なのに数学が全然ダメ」「普段の学力は高いのにテストになると十分に実力が発揮できない」などのケースでは、本人の努力不足というよりは、むしろ精神的な問題、つまり「苦手意識=コンプレックス」に起因することが多いのではないでしょうか?

例えば数学の苦手な方は、何十桁の数字の羅列を見るとそれが仮に単純な足し算であっても嫌悪感を覚え、問題を解く気力を無くしてしまうとか、英語の苦手な方は、一つ一つの単語の意味は知っていても、英字新聞などの大量な情報を前にすると、それらを構築し組み立てることが出来なくなったり、会話になると「通じなかったらどうしよう」「間違えたら恥ずかしい」といった羞恥心や人見知りなどの軽い対人恐怖症といった、学力とは直接関係のない要素によって、知っているはずの言葉さえ出で来ない…等々。

HPSのセラピーは催眠によってこの自己暗示を取り除き、より良い状態をイメージすることで意識を改善し、本来もっているはずの力を導き出すという、スポーツで積極的に取り入れられているイメージトレーニング法に非常に近いものです。ですから治療後、突然泉のように公式や単語が湧き出で来るといった魔法のような効果はありませんし、本人の努力が重要であることには変りありません。しかしほとんどの方が、苦手意識を克服し自分自身への期待感を持って、明るい表情で帰って行かれます。

画像の説明

催眠療法と暗示療法の違いは何ですか?

画像の説明

催眠療法は、おおまかにいうと暗示療法とほとんど同じであるといえるでしょう。

催眠暗示によるセラピーには限りが無いと言っても過言ではありません。催眠の定義については多々ありますが、暗示が強力な効果を持って潜在意識に働きかける『変性意識』という説があります。そのプロセスを通して大きく成長すると、自分自身に対する考え方や世間に対する考え方が変わっていきます。そして、暗示が効果的に使われて思考と感情がポジティブに統合される事によって、人生の目的の実現・願望達成が可能になるのです。

画像の説明

催眠状態とはどんな状態の事ですか?

画像の説明

催眠状態とは、全ての人達が毎日経験しているごく自然な心理状態です。ですから催眠状態は無意識ではなく必ず意識はあるという事です。

例えば、朝、目覚めた直後の未だ意識がはっきりしない状態、電車の中などでぼんやりしていて時間の流れが把握できていない状態など、毎日何度も自然に催 眠状態になっています。この時に意識は失っていないですよね?専門的にはこのような状態を"意識の変性状態"とか"トランス状態"といいます。この状態の特徴は通常うけいれられない事が受け入れられるという事です。

催眠療法はこの状態を利用してあなたの固定観念になってしまっている心の悩みの原因や願望達成を邪魔している信念の様なものを変えていくものです。ヒプノセラピーはこの催眠状態に誘導して行き、望んでいる『自分』に変わっていく手助けとしていきます。

※器具や機械は使用しません。言葉のみで誘導していきます。

画像の説明

潜在意識とは何ですか?

画像の説明

私達が通常こころ(=自分)と認識しているのは、実は、表面意識(顕在意識)の事であり、潜在意識の事ではありません。その両者には架け橋が無い為に、こころの中がほぼ潜在意識に占領されている事を知る事ができないでいるのです。

『自分』という言葉で表現される自己は、わずか数パーセントでしかない表面意 識の領域で、悩んだり、悲しんだりしていると言われており、折に触れて浮上してくるネガティブな意識・無意識がこころを支配すると、表面意識ではコントロールできない悩みになって、苦しみつづける事になってしまうのです。

仮説とはいえ、この数パーセントの表面意識で、『自分』を信頼するには頼りなさ過ぎます。それに引き換え90%以上も絞めている潜在意識には、太古からの人間の歴史として肉体に受け継いできたもの、未発達の感覚や遺伝子の記憶にある文化(共同体の集合意識)など、自己認知できない多くのものが、喜び・悲しみ・恐れと共に歪んだり、押しつぶされたりしながら無限につまっているのです。まさに、潜在意識には限界がないとも言えるでしょう。

ヒプノセラピーは、表面意識の弱まる催眠状態にする事で、この潜在意識にアクセスし、ネガティブな要素をできるだけ取り除き、ポジティブな要素に転換してゆくように働きかけます。

HPSスクールについてよくある質問

画像の説明

ヒプノセラピストになりたいのですが、どんな資格が必要ですか?

画像の説明

現 在の日本ではまだ、心理療法やカウンセリング等の分野における「国家資格」は存在しません。国内の臨床心理士、臨床催眠療法士、臨床催眠心理療法士、心理カウンセラーなどの資格はすべて公的あるいは私的資格で、セラピストやカウンセラーとして働くために取得が義務付けられているわけではないのです。

つまり、ヒプノセラピストになるために「資格」は必要ないのです。しかし、たとえ資格がいらなくても、人の「心の健康」を預かるためには、確かな技術と知識、そして経験が不可欠です。

HPSスクールでは、「医療に根差した質の高いセラピストを養成する」というポリシーの元に、実践重視の講義で「本物の」セラピストとして必要な技術を学び、「臨床催眠療法士」の資格取得を目指すカリキュラムになっています。この資格は、あなたが「セラピストという肩書きを得るために」必要なのではなく、「良いセラピストとして信頼を得て、社会の役に立つために」大切な資格であるといえるでしょう。

画像の説明

授業はマンツーマンで受けるのですか?

画像の説明

HPSスクールでは実践形式で授業を進めるため、授業内容に応じて最適な人数で授業を進めます。例えば理論を学んだのち実技講習となれば相手が必要ですので、二人一組でペアになって互いに誘導の練習をしたり、相手を変えて練習したりします。語学学校や塾と違い、ヒプノセラピーを学ぶ上で「マンツーマン」というのが必ずしもベストな形態だとは考えておりません。

画像の説明

授業の日程や時間割は決まっているのですか?

画像の説明

各コースに開講日時が決まっています。また、コースごとに必要な時間数が決まっています。詳しくはHPSまでお問い合わせください。ご希望やご予定も考慮して、具体的なスケジューリングを作成いたします。

画像の説明

見学はできますか?

画像の説明

HPSスクールでは、事前にご予約いただければスクール見学は随時可能です。お気軽にお申し付けください。見学の日時につきましては、現役のセラピストが講師を兼任しているため、セラピストのスケジュールおよび心理センターの混み具合によっては必ずしもご希望に添えない場合がございます。その場合にはこちらからいくつかの日程をご提案し、ご都合のよろしい日時をお選びいただく形になります。あらかじめご了承ください。

画像の説明

急用ができて行けなくなったらどうなりますか?

画像の説明

ご予約いただいた日時に来校できなくなった場合は、出来るだけ早くご連絡ください。当日急用で来れなくなった、と言う場合でも必ずご連絡ください。ひとつひとつの講義が大切ですから、受けられなかった分の授業を飛ばして先に進むことはありません。ご連絡をいただければ別の日に振り替え、必要であればご都合の良いときに補習講義を行います。

画像の説明

授業についていけるかどうか不安なのですが・・

画像の説明

同じペースで学習しても、技術の習得には個人差があります。HPSスクールでは、ひとりひとりが納得できるまで学んでいただけるよう、在校中・卒業後に関わらず何度でも無料で補講・再受講が可能です。あなたがセラピストとして自信を持ってひとり立ちできるまで、出来る限りのサポートをいたします。

画像の説明

卒業後の就職等、進路が不安なのですが・・

画像の説明

HPSスクールを卒業された後、独立された方や、就職されて様々な分野で活動されている先輩達は大勢いらっしゃいます。(詳しくは卒業生の声をご覧ください)HPSスクールの授業レベルの高さは業界でも定評があります。本校を卒業し、「臨床催眠療法士」及び「日本催眠療法協会認定セラピスト」となられた方々は、セラピストに必要なスキルは十分に備わっていますので、自信を持って就職活動に臨んでいただきたいと思います。

それでも就職活動や独立に自信 のない方には、HPSスクールの講師のアシスタント、HPS心理センターでセラピストの助手としてお手伝いいただきながら、ステップアップのためのスキルを磨いていただくという選択肢もあります。HPSスクールでは、卒業後のアフターフォローにも力を入れています。

HPS 心理センターとの連携により、本校卒業生だけでなく、他校卒業生でセラピストをされている方、医療従事者、他業種など、様々な分野の方々との交流の機会を設け、情報交換やスキルアップの場として活用しています。

画像の説明

途中で高額な副教材を買わされることはないのですか?

画像の説明

HPSスクールではすべて教材費込みの料金設定となっており、コース途中で配布されるテキスト、CDなどの音声メディア等もすべて費用に含まれています。

昨今「催眠商法」なる悪徳商法が横行しており、また「自宅学習用教材」などと銘打った高額な副教材を買わされるといったケースも耳にすることがあり、「催眠・癒し」といった言葉が悪徳商法に利用されることを非常に遺憾に思います。このような悪徳商法に騙されることのないよう、スクール選びは慎重に行いましょう。

画像の説明

地方に住んでいるのですが、通信講座はありますか?

画像の説明

HPSスクールでは実践形式で授業を進めるため、通信講座は行っておりません。セラピストには、知識だけでなく「実践」「経験」というものが不可欠であると考えるためです。自宅でテキストやCD、ビデオなどで学習して知識だけを得ても、それを適切な環境で繰り返し実践し、自分自身の経験として身に付けていかなければ本物のセラピストとは言えないからです。また遠方より受講される方の為に宿泊施設のご相談も承ります、お気軽にご相談ください。

画像の説明

授業料の分割払いは出来ますか?

画像の説明

授業料のお支払いには、現金またはクレジットカードがお選びいただけます。現金のお支払いでは一括払いのみのお取り扱いとなります。クレジットカードの場合は、カードの種類によって分割払いが可能なものもございます。分割払いが可能かどうかはお客様とカード会社とのご契約内容によりますので、ご契約内容をご確認の上、お申込みください。詳しくはお気軽にスタッフまでお問い合わせください。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional